神崎聡(こうざきさとし)夢からはじまる
last update 2018/12/12 06:33
 HOME
HOME > 新着情報一覧

平成30年12月定例会〜代表質問(椛島徳博県議)

平成30年12月定例会の会派代表質問に柳川市選出の椛島徳博県議が壇上に立ちました。緑友会福岡県議団の代表質問の項目は以下の通り。

平成30年12月定例会
緑友会・立志 代表質問項目  
質問者 椛島博 議員
 1.知事の政治姿勢について
1− 都道府県幸福度ランキングについて
1− 県民の幸福実感の変化について
1− これまでの県政の総括と評価について
1− 県民の意見やクレームへの対応について
1− 職員のモチベーションを高めるための取組みについて
1− 過疎地域や中山間地域の振興に向けた取組みについて
1− 県及び市町村の総合戦略に対する評価及び目標の達成見通しについて
1− 軽減税率制度の周知について
1− 軽減税率導入にともなう事業者対策や支援について
1− 二重課税に対する認識について
1− 福岡市との調整状況について
1− NHK大河ドラマ招致に係る県のこれまでの取組みについて
1− NHK大河ドラマ招致活動に向けた知事の意気込みについて
1− 柳川藩主立花宗茂に関する文献等を活用した図書館の取組みについて (教育長答弁)
1− 福岡県防災・行政情報通信ネットワークの再整備について
2 農政・水産問題について
2− 平成30年7月豪雨災害の復旧状況について
2− 「はかた地どり」の生産拡大と販売促進について
2− 鳥インフルエンザ対策について
2− 農協改革について
2− 有明海におけるノリ養殖について
2− 有明海におけるアサリの保護・育成について
 3.スポーツ立県について
3− 河川敷の活用について
3− 河川敷を有効に活用するための環境整備について
4.保健医療問題について
4− 神奈川県の未病の取組みについて
4− 健康づくりの課題と取組みの強化について
5.介護問題について
5− 「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」と「看護小規模多機能型居宅介護」の普及状況及び普及のための取組みについて
5− 特別養護老人ホームの入所申込者の状況と今後の整備について
6.福祉問題について
6− 戦没者慰霊祭の実施状況及び県戦没者追悼式への若い世代の参加について
6− 実態調査後の慰霊碑の管理状況について
6− 戦没者の遺骨収集及び慰霊巡拝事業について
6− 遺骨収集及び戦没者慰霊の意義と今後の取組みについて
6− 再犯防止推進計画策定の進捗状況について
6− 更生保護サポートセンターの意義と県内の現状について
6− 再犯防止推進計画策定における関係者や民間団体からの意見反映について
6− 地方再犯防止推進計画策定に向けた県内市町村の取組状況とその支援について
7.教育問題について
7− 県内市町村立図書館における運営形態について               (教育長答弁)
7− 県立図書館における市町村立図書館への支援について          (教育長答弁)
7− 100周年を契機とした県立図書館の今後のあり方と更なる充実について (教育長答弁)
8.警察問題について
8− 交番襲撃事案に対する認識について      (警察本部長答弁)
8− 交番・駐在所の安全対策について        (警察本部長答弁)
8− 安全対策への今後の決意について       (警察本部長答弁)
その他県政一般について

その他緑友会福岡県議団はこちらから>>

平成30年12月定例県議会が始まり・・・ニュース記事より

12月3日、20日まで18日間の日程で、福岡県議会12月定例県議会が開会された。7月の西日本豪雨災害による復旧費用や来年春に民営化される福岡空港の経営に県が参画するための出資金を含む総額106億7300万円余の補正予算案など20議案が提出された。内訳は、崖崩れや地すべりの復旧費用など27億800万円余、福岡空港の出資金として35億7000万円、県立の特別支援学校などのエアコンが設置されていない教室に新たにエアコンを設置する費用として10億6600万円余など。
また、本会議場で初めて九州交響楽団メンバーによる管弦四重奏コンサートが、福岡県文化議員連盟(副会長)主催で行われた。政治を身近に感じてもらおうと企画したもので議員や集まった人たちは普段は聞くことができないバイオリンやチェロなどの音色に酔いしれ、九州交響楽団の扇谷泰朋さんから、「(音の)響きが心配だったが議場は天井が高く木で造られているので弾いてて気持ちがよかった。またあればお引き受けしたい」とのコメントだった。
また、恒例のまごころ製品も県議会棟1階ロビーで販売された。

近況の県議会の動向にニュースや記事に掲載されている。

福岡県議会議員政策提案条例検討会議(委員として)

 福岡県文化振興議員連盟(副会長)

 

 9月定例会・決算特別委員会で質問

 拡大版


その他平成30年活動報告はこちらから>>

愛犬”そうた”が旅立って逝った。

平成30年11月29日午後1時4分、我が家の愛犬”そうた”が死んでしまった。14歳9ヵ月の命だった。一昨日(26日)夕方から、餌や水を飲まなくなり、散歩も途中で引き返した。27日早朝が最後の散歩になった。それから、立つことも困難になり、ただ泣くばかりで、夜中ずっと家族で介護をしていた。今朝、泣く元気もないようで、日の当たるところに寝かせ、午前中の所用を終え、自宅に戻ると、朝のままだった。声をかけると反応し、水を少し与えて、様子を見ていると、大きく口を開けて、静かにそのまま眠るように旅だって逝った。まるで僕を待っていたかのように・・・

長女が屋久島から一年間の山村留学で戻り、頑張った褒美に、動物管理センターで譲渡してもらい、家族となった。平成15年5月連休だったと思う。
29日夕方に、大学生の長男と次男が二人して京都から新幹線に乗って帰ると妻に連絡があったとの事。子供たちにとっても家族だったんだと思う。犬の世話をし、脱走したら、みんなで探したり、病気の時は夜中じゅう看病し心配したり、犬のお陰で素直で優しい心が持てたと思う。「”そうた”、ありがとう」14年と9ヶ月、”そうた”の存在は大きく、家族として本当に楽しい時間を一緒に過ごせたと思う。

動物管理センターで譲渡してもらう時、実は茶色の柴犬に人気が集まり、”そうた”は誰も引き受けてがなかった。係り員が「この犬は右足の爪が2つに割れていて」と話したからみんな敬遠したんだと思った。正直どうしようかなぁと思ったが、誰も希望しなかったら、殺処分になると言われ、譲渡してもらうことにした。譲渡してもらうには、2度講習を受けなければならなかった。帰宅中、購入したばかりの犬小屋に入れて帰ったが、ずっと泣き続けていた。

「そうた」という名は「北の国から」の草太兄ちゃんから名付けた。(友人の辻眞作先生の犬が「ゴロウ」だったので)

家の周りの庭と車庫で放し飼いにしていたため、脱走は数えきれないくらいあった。大脱走は3度。一番遠いところは、田川伊田駅と彦山駅まで、川崎町の東川崎に迎えに行ったこともあり、また偶然田川市伊加利で見つけたこともあった。とにかく、脱走は雷がなった時で、我が家が一番安全なのに、塀を乗り越えて逃走する。血相を変えて、舌で「ハァハァ」息をし、ヨダレを垂らして、狂ったように怯える。そのため、家の板塀は破られ、門は崩され、結局は、塀の高さは1m80cmにもなった。

家族で登山したり、キャンプしたり、小旅行の時も一緒に車に乗せて連れて行ったりしなぁ。色が真っ白で赤い首輪をしているためか、知らない人から「お父さん」と呼ばれ、しっぽをふって愛想良く振る舞う。日頃はとても優しくおとなしく、吠えることはないし、決して噛みついたりしない。最初の登山は、九重山で法華院温泉まで行ってきた。涌蓋山にも登り、地元の岩石山は何度も登っている。


その他平成30年活動報告はこちらから>>

福岡県議会だより(平成30年11月発行)第28号

県議会では、議会活動を広く皆様にお知らせするため、 「ふくおか県議会だより」を発行しています。第28号・平成30年11月発行されましたので、お知らせします。 表紙には、「議員提案政策条例」について書かれていますが、この議員提案政策条例会議では、発足当初から検討会議の委員となって、条例制定に取り組んできました。”九州の自立を考える会”の政策提言ワーキングチームのメンバーの時には、「九州の成長戦略に係る政策提言」にも携わり、県議会議員としての役割をしっかり担ってきたと思っています。これからも一生懸命に頑張っていこうと気持ちも新たにしていているところです。

福岡県議会だより第28号に掲載されたところを赤線で囲っています。また、来年1月の県政報告で詳細を記載しようと思います。(下記のように現在執筆中)

 拡大版

 拡大版

 拡大版

 現在執筆中

 現在執筆中

 現在執筆中


その他平成30年活動報告はこちらから>>

福岡ソフトバンクホークス「ファンフェスティバル2018」

11月26日、「ホークス優勝ファン感謝デー」だった。何でも優勝パレードは37万人もいたそうで、13時から始まった、福岡ソフトバンクホークス「ファンフェスティバル2018」のヤフオクドームでは、ホークス選手が一年間応援していただいたファンの皆様へ感謝の気持ちを込めて、ステージイベント、選手ふれあいイベント、フィールドアトラクションなど、シーズン中とは違った様々なイベントを通じて、全力でファンの方と一緒になってイベントを盛り上げていた。夕方からのファイナルセレモニーでは、県議会代表として出席をさせてもらった。福岡県議会では、県スポーツ議連があり、県民における体育・スポーツの普及促進に寄与するため、幅広い調査研究と実践活動を行ない、県民のスポーツ振興に大きく寄与している。また、「福岡県議会福岡ソフトバンクホークスを応援する会」では、全県議挙げて選手・球団を応援し、県民をあげて支援していこうと、全県下に応援の和を広げている。


その他平成30年活動報告はこちらから>>

Copyright © Since 2005 Kouzakisatoshi.com. All Rights Reserved.

 


応援クリックお願いします にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
ランキング参加中


こうざき聡

Facebookページも宣伝

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最近の記事

リンク

メインメニュー

RSS